家具の通販サイトで購入した念願の食器棚

「ごめん、ボーナス出るまで待ってて。」と、旦那さんが申し訳なさそうに謝ってくれたものの、私はボーナスが出たときに買ってもらえることに大喜びをして、旦那さんに抱きついてしまったことがあります。これは以前、私がインターネットの家具の通販サイトを見ていたときのことでした。私がそれを見ていたのは、自宅のキッチンに新しく置くための食器棚を探していたからです。私と旦那さんは、マンションの1室を賃貸して暮らしていたのですが、キッチンにあまり収納スペースが取られておらず、大きめのどんぶり鉢やビールジョッキなどといったかさばってしまう食器を、上手に片付けることができていませんでした。


そこで私は、収納勝手の良い食器棚を探していたのです。そうして見ていたところ、そんな自宅のキッチンにピッタリだと思うことのできる食器棚を見つけることができました。それは、普通のガラス戸の食器棚のようにお皿を重ねて置くのではなく、お皿を入れる部分がスライド式になっていて、お皿を立てて片付けることができるようになっているものでした。また、そういったお皿だけではなく、箸、フォーク、スプーン、ナイフ、さらにはマドラーや缶切りといった小物類も、立てて置くこのとできるスペースが作られていて、収納には完璧ともいえる食器棚だったのです。こんなにも機能的な食器棚に憧れの気持ちを持った私は、それをさっそく購入したいと思い、旦那さんにお願いをしてみることにしました。


すると旦那さんが、ボーナスが支給される日まで待ってほしいと言ったです。私はこのとき、高いお買い物だったため、てっきり断られてしまうかと思い込んでいたのですが、ボーナスが入ってからという条件があったものの、これを購入すると約束してくれました。あまりの嬉しさに、つい飛びついてしまったほどです。そうして私は、ボーナスが支給されるまで待っていたものの、このように購入してもらえるとわかってから待つというのは、時間が長ければ長いほど、気持ちが高ぶっていくもので、どんどん憧れの気持ちが強まっていきました。2ヵ月後、ようやくその日がやってきたため、再び家具の通販サイトにアクセスをして、念願の食器棚を購入することができたのです。売り切れになっていなくてよかったなと安心し、また、それが自宅に届けられるのをわくわくして待つことになりました。こうして購入してもらった憧れの食器棚は、今はキッチンで大活躍をしています。

free blog themes